Home>イチオシ情報>仮装の前に知っておきたいハロウィンのこと

仮装の前に知っておきたいハロウィンのこと

女性

紀元前から始まったハロウィン

ハロウィンの始まりは紀元前です。ケルト民族という古代ヨーロッパにある民族の新年は11月の1日でした。そして、現代のお大晦日に当たる日が10月31日だったのです。ケルト民族では10月31日から祭りが開かれ、日本で言うお盆のように先祖の霊が返ってくると伝えられていたのです。その時に先祖の霊だけでなく、悪霊や魔女もやってくると信じられていました。その悪霊たちから身を守るため、同じ格好をして仲間だと勘違いさせようというのがハロウィンの始まりなのです。しかし、現在では宗教的な行事ではなくなり、娯楽として広まっていき、アメリカを代表する行事となりました。そうなってから、日本にも伝わってきたというわけです。また、ハロウィンの日にはいくつかの言い伝えがあります。黒猫や白猫を見ると良くないことが起きることやハロウィンの日に鏡を見ると未来の結婚相手がわかるとか、背後に足音がしても振り向いてはいけないとか。そんな言い伝えを楽しんでみるのもいいですね。

帽子

ジャック・オー・ランタンは何?

ジャック・オー・ランタンは、アイルランドの民話をもとにしたものです。民話の中ではカブでしたが、当時はカブではなく手に入りやすいかぼちゃに形を変え、広まっていきました。しかも、このジャック・オー・ランタンが出てくる民話はとても怖い話です。悪いことばかりしていた主人公のジャックは寿命を迎えても天国に行くことが出来ず、地獄でさえも悪魔に拒否されてしまいます。困ったジャックは悪魔にもらったランタンを持って、ひたすら暗い闇を歩き続け今もなお、あの世の境でさまよっているという話です。その時のランタンがもとになったジャック・オー・ランタンなのです。本来の意味を知ると少し怖さが増しませんか?ハロウィンにも少し深みが出てきますね。

広告募集中